[Eclipse][EGit] .projectがルートに配置されるようにGit管理する

前提: Gitのuser.name, user.emailが適切に設定されていること。

この記事の手順で作成したリポジトリは https://github.com/maruTA-bis5/git-init-eclipse です。

1. EclipseのProject Explorerより、Git管理したいプロジェクトを右クリックし、Team > Share Project…を選択する。

2. Share ProjectダイアログのUse or create repository in parent folder of projectを選択する。

3. 対象のプロジェクトを選択し、Create Repositoryボタンをクリックする。

4. Finishをクリックする。

ここまででローカルリポジトリが作成されます。次は初回のコミットを行います。

5. Git Stagingビューを開く。

6. Unstaged ChangesのファイルをStaged Changesに移動し、Commit Messageを入力してCommitをクリックする。
このとき、*.classファイルは表示されていませんが、*.classファイルが出力されるディレクトリは.gitignoreに記載されているため無視されます。他にも無視するファイルがあれば.gitignoreに追記しておきます。
.gigignoreはProject Explorerには表示されないので、このタイミングで修正するか、Git Repositoriesビューから開く必要があります。

初回コミットが完了したら、リモートリポジトリにpushします。(リモートリポジトリでの管理が不要ならここまで)

7. Git StagingビューのPush HEADボタンをクリックする。

8. Location > URIにリモートリポジトリのURL、認証が必要ならAuthenticationを入力しPreview >をクリックする。
画像ではSSHを使用する形で入力していますが、HTTP(S)でも問題ありません。
パスワード認証が必要な場合は、Authenticationを入力しておきます。

9. ブランチの指定は基本的に変更しなくて良いはず。前のステップで入力した認証情報に誤りがあればこの段階でエラーが表示されるので、一度戻って修正する。問題なければPreview >をクリックする。

10. pushのプレビューを確認してPushをクリックする。

11. pushが完了するとpush結果が表示される。失敗した場合もこのダイアログが表示されるので、必ずMessage Detailsの内容を確認する。

[Eclipse] [EGit] マージ時のConflict(競合)を解決する方法

この記事はStackOverflowの質問”How to resolve conflicts in EGit”に対する回答(https://stackoverflow.com/a/27914508)の日本語訳です。(2020/07/02 9:31閲覧 original: dan carter, edited: Peter Mortensen)
原文と同じく、CC BY-SA 4.0でライセンスされます。


Team Synchronize(チーム同期化)ビューを使っていますか?それは問題です。EGitの場合、競合の解決にTeam Synchronizeビューは全く使えません。代わりにGit Repository(Gitリポジトリー)ビューを使う必要があります。

Gitパースペクティブを開いて下さい。Git Repositoryビューの中のBranchesLocalmasterを右クリックしてMerge…を選択します。

Remote Trackingには自動的にorigin/masterが選択されるはずです。Mergeをクリックして下さい。(訳注: 作業ブランチにmasterの変更を取り込む場合は、origin/masterを自分で選択する)

(訳注: 競合している場合は)result:conflictと表示されるはずです。

競合しているファイルを開くと、古いsk000l >>>> ==== <<<<スタイルで競合箇所が示されます。ファイルを編集して競合を解決し、保存します。

‘Git Staging'(Gitステージング)ビューを開くと、変更した(訳注: 競合していた)ファイルが’Unstaged Changes'(ステージされていない変更)に表示されます。右クリックして’Add to Index‘を選択してください。

Enter image description here

これをファイルごとに繰り返します。

そして’Git Staging’ビューからコミットしてプッシュします。Git/Eclipseはあなたがリモートリポジトリに加えられていた変更をあなたのローカルのmasterにマージしたことを認識し、non-fast-forwardエラーは回避されます。