[Eclipse][EGit] .projectがルートに配置されるようにGit管理する

前提: Gitのuser.name, user.emailが適切に設定されていること。

この記事の手順で作成したリポジトリは https://github.com/maruTA-bis5/git-init-eclipse です。

1. EclipseのProject Explorerより、Git管理したいプロジェクトを右クリックし、Team > Share Project…を選択する。

2. Share ProjectダイアログのUse or create repository in parent folder of projectを選択する。

3. 対象のプロジェクトを選択し、Create Repositoryボタンをクリックする。

4. Finishをクリックする。

ここまででローカルリポジトリが作成されます。次は初回のコミットを行います。

5. Git Stagingビューを開く。

6. Unstaged ChangesのファイルをStaged Changesに移動し、Commit Messageを入力してCommitをクリックする。
このとき、*.classファイルは表示されていませんが、*.classファイルが出力されるディレクトリは.gitignoreに記載されているため無視されます。他にも無視するファイルがあれば.gitignoreに追記しておきます。
.gigignoreはProject Explorerには表示されないので、このタイミングで修正するか、Git Repositoriesビューから開く必要があります。

初回コミットが完了したら、リモートリポジトリにpushします。(リモートリポジトリでの管理が不要ならここまで)

7. Git StagingビューのPush HEADボタンをクリックする。

8. Location > URIにリモートリポジトリのURL、認証が必要ならAuthenticationを入力しPreview >をクリックする。
画像ではSSHを使用する形で入力していますが、HTTP(S)でも問題ありません。
パスワード認証が必要な場合は、Authenticationを入力しておきます。

9. ブランチの指定は基本的に変更しなくて良いはず。前のステップで入力した認証情報に誤りがあればこの段階でエラーが表示されるので、一度戻って修正する。問題なければPreview >をクリックする。

10. pushのプレビューを確認してPushをクリックする。

11. pushが完了するとpush結果が表示される。失敗した場合もこのダイアログが表示されるので、必ずMessage Detailsの内容を確認する。

GitHub Flowについて調べています

※この記事は丸太式 Advent Calendarの24日目です

GitHub Flowを弊社の開発で取り入れられないか検討するために、少し調べています。
#何も決定権は持っていないけど
とりあえず読んだ/読んでいる/読もうと思っているページを幾つかピックアップしています。
GitHub Flow(というかGit)を使った開発経験が無いエンジニアをうまく説得できる材料がそろえば良いと思っています。

https://gist.github.com/Gab-km/3705015
http://qiita.com/tbpgr/items/4ff76ef35c4ff0ec8314
https://pepabo.github.io/docs/github/workflow.html
http://komaken.me/blog/2013/09/09/git-flow%E3%81%A8github-flow%E3%81%96%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

GitHub Flowじゃないけど
http://www.slideshare.net/KatokichiSoft/git-flow-16616440

弊社の製品品質について若干問題が生じているので、社内でもっと活発に議論できればと思っています。

# 関係ないですがlink-cardの日本語文字化けがひどいですね。近いうちに何とかします。