リンク先の情報を表示するlink-cardプラグイン[自作WordPressプラグイン]

※この記事は丸太式 Advent Calendarの21日目です

今日はWordPressプラグインを作りましたのでご紹介します。

link-cardプラグイン

基本情報

  • 名前
    link-card
  • 概要
    aタグにcreateCardクラス属性を付加しておくと、aタグの直前にカード状の情報ボックスを表示します。
  • 動作確認バージョン
    WordPress 4.1で動作確認しています。

使い方

プラグインをインストール

今のところ、GitHubでのみ配布しています。
https://github.com/bis5/link-card
「Download Zip」からZipをダウンロードして、wp-content/plugins/link-cardとして配置してください。
※GitHubからダウンロードしたZipファイルを展開すると「link-card-master」というディレクトリになりますが、「-master」は除いてください。

記事を作るとき

リンクを作成するとき、以下のようにclass属性を追加します。

<a class="createCard" href="http://www.yahoo.co.jp">やふー!</a>

すると、記事を表示した際に、リンクのすぐ上にリンク先の情報が表示されます。
こんな感じです。
この時表示されるのは、titleタグの内容とmetaタグのdescriptionの内容です。

既知のバグ

  • リンク先のdescriptionに日本語が含まれると文字化けする
    文字化けする例
  • descriptionを設定していないサイトではタイトルしか表示されない
    代わりにog:descriptionとか使うと多分いい感じ
  • (バグと言うより仕様ですが)WordPressのサーバからリンク先に都度アクセスするので、最悪アクセス遮断されかねない
    キャッシュするべきですね。。。

久しぶりにちゃんと成果が出た週末で、自分としては満足です。
もちろんこれから先も改修を続けるつもりなので、フィードバックやプルリクお待ちしています。