#jjug_ccc #ccc_r15 JJUG CCC 2014 Fall 参加レポート / R1-5 JavaでやってみるThe Twelve-Factor App

※この投稿は、丸太式 Advent Calendar 2014の6日目です

昨日に引き続き、JJUG CCC 2014 Fallの参加レポートです。

概要

R1-5 JavaでやってみるThe Twelve-Factor App
by 渡辺 祐さん(株式会社ビズリーチ)
@nabedge

メモ

The Twelve Factor App

  • 論文(っぽいよみもの)
  • Herokuの元CEOが作った
  • “どんなWebアプリケーションであっても、だいたいこの方針で作ればいいんじゃねーの”というもの

ポートバインディングを通じてアプリケーションを公開せよ

  • 【自らポートを開いて】
    • 開発したアプリケーションの”依存ライブラリのTomcat/Jettyで”ポートを開く
  • main()メソッドで起動できるので、Run As -> Java ApplicationでTomcatがポートをバインドして起動できる
    • WTP Plugin, Sysdeo Tomcat Pluginはいらない
    • Tomcatのバージョンアップも、pom.xmlのバージョンを変えれば良い→普通のリリースフローで対応可能

廃棄容易性

  • 高速な起動はJavaではあきらめる
  • グレースフルなシャットダウン: Shutdown Hookを使う
    • Springなら@PreDestroyアノテーションをつけるとシャットダウン前に呼ばれる

ログをイベントストリームとして扱え

  • 「全てのログを標準出力に集める」
  • とりあえず標準出力に出しておけば、後から好きなところに流せるので。
  • 依存ライブラリのログ出力はslf4jのブリッジライブラリなどで集約する
  • GCログは・・・

設定はOS環境変数に格納せよ

  • 設定ファイルに本番DBのパスワードも格納してVCSに管理するの?
  • OSが違っても環境変数の設定はほとんど同じ
  • 気の利いたライブラリはOS環境変数からの設定値読み込みは対応している
  • 今時ならChef/Puppet/Ansibleで設定するでしょ

依存関係を明示的に宣言し分離せよ、ビルド/リリース/実行は厳密に分離せよ

ビルド

  • バイナリ間の依存関係管理機能のあるビルドツールを使う(Maven, Gradle)※Antはダメよ

  • ビルドの結果はjar, warというバイナリ

  • バイナリはパッケージリポジトリサーバにデプロイするもの
  • MavenもGradleも、依存関係の解決にはパッケージリポジトリを使う

リリース

  • パッケージリポジトリから開発したアプリのJARと依存ライブラリのJARを取得して、依存JARをコピーしてZIPに固めてSCPで送り、サーバー上でUNZIPするまで

実行

  • java -cp “jar群の展開dir/*” com.example.ExampleMainClass
  • 設定は環境変数に格納されているはず

アプリケーションをステートレスなプロセスとして実行せよ

  • 少なくとも、Stickyセッションを使うな→現実問題難しい
  • ステートレス:アプリケーションサーバにセッションを持たせない

コメントを残す