[Java] 2017/03/21 JJUG ナイト・セミナー 参加メモ #jjug

2017/03/21に開催されたJJUG ナイト・セミナー 「Enterprise Java最新動向〜Java EE 8とMicroprofile〜」に参加した際のメモ書きです。
気が向いたら内容を整理するかも。

Java EE 8の最新状況について

Java EE 8は仕様はFIXしていないので注意

GlassFish5

  • Promoted Buildがリリースされた3/13
    • Java EE 8 CTS実施済み
    • Nightlyは限定したテストケースのみ

Schedule

  • Final: 2017/07

Spec Status

  • 大体は、Public Draftが出ている
  • MVC 1.0はdropされているのは周知の通り(コミュニティに移管)

各Specについて

JAX-RS 2.1

  • Reactive Client API
  • Server-Sent Events
  • Non-blocking I/O

歴史

  • 1.1: クライアントAPIが未定義のため、各JAX-RS実装の独自API、Apache HttpClient等が使われた
  • 2.0
    • クライアントAPI追加
    • RESTリソース(WebTarget)の生成が可能に
    • 非同期呼び出し(.async()をコールするだけ、コールバックオブジェクト(InvocationCallback)の登録も可能)
    • リアクティブプログラミング的な実装をする場合、InvocationCallbackがネストしてかなり気持ち悪い(callback hell)

2.1

  • SyncInvoker, AsyncInvoker(.async())に加えて、RxInvoker(.rx())が追加された。戻り値はCompletionStage
CompletionStage<Number> price = client.target(...);
CompletionStage<String> wheather = client.target(...);

price.thenCombine(wheather, (price, wheather) -> reserveIfAffordable(price, wheather));
// ^ priceの結果とwheatherの結果を受けて次の処理を行う。chain
// ^ TODO 後で調べる: CompletableFuture
  • Reactive API Pluggability
    • 3rd party Reactiv Frameworkを利用できる
    • RxJavaの場合、RxFlowable<Response> flowable = client.target(...).request().rx(RxFlowableInvoker.class).get();
      • .rx()の引数に、RxInvoker継承クラスを指定する

Server-Sent Events(SSE)

  • Jersey 2.8では先行して実装
  • サーバーからクライアントへの一方向通信のチャンネル確率
  • event, data, id, retry, comment
  • モダンブラウザサポート
  • WebSocketは専用のプロトコル(ws://)だが、Server-Sent EventsはHTTPベース
  • SseEvent, OutboundSseEvent(サーバサイド), InboundSseEvent(クライアントサイド)
    • SseEventSync(サーバサイド), SseEventSource(クライアントサイド)
    • 2017/02 SSE周りの仕様は変更されているので、最新の情報に注意(Jersey独自実装部分が変わっている

JSON-P 1.1

  • RFC 7159に対応(1.0はRFC 4627)
    • トップレベルにおける要素がObject,Arrayしか無かったが、RFC 7159では全部置ける
  • JSON Pointer
    • JSON中の特定の値を参照するための文字列の構文
    • /0/user/address
    • JsonPointer, JsonPointer#getValue
  • JSON Patch
    • JSONを部分的に変更するような演算
    • add/remove/replace/move/copy/test
    • パッチ自体もJSONで記述される
    • op(操作)とpathと(必要なら)値を指定するJSONで記述されたパッチを、別のJSONドキュメントに適用する
  • JSON Merge Patch
    • RFC 7386
    • Key-Value形式のパッチを渡すと、ReplaceなりAddなりをしてくれる(同一のキーがあればreplace, 無ければadd, Valueがnullならremove)
  • Patch Diff
    • JsonPatch#diff, JsonMergePatch#diff`
  • Stream API対応: JsonCollectors

JSON-B 1.0

  • XMLに対するJAX-Bに似たAPI
  • ClassとJSONのマッピング、マッピングのカスタマイズ
  • デフォルトであればAnnotation/Configは不要
  • @JsonbFooBarアノテーションで、カスタマイズ可能
    • Keyを変える
    • Nullを出す/出さない
    • 日付/数値のフォーマット
    • etc…
  • JAX-Bと同様に、Adaptersも使える
    • アノテーション使いたくなければこっち

Servlet 4.0

  • HTTP/2 サポート
    • Request/Response Multiplexing(ストリーム多重化)
    • Server Push
    • Upgrade From HTTP 1.1 (HTTP Upgrade)
      • ALPNはJava 9で対応予定
  • Server Push
    • PushBuilder

JSF 2.3

  • CDI統合
    • Legacy Managed Beansは非推奨に
    • CDIのManaged Bean対応
    • より多くのJSF成果物へのInject

CDI 2.0

  • Java EEコンテナの外部でCDI動作定義(Java SE上で動く)
  • ^ のために仕様の分割
    • Core, for Java Se, for Java EE
  • 非同期イベント
    • Producer側で.fireAsyncをたたく、Observer側は@ObserveAsync

Bean Validation 2.0

  • Java SE 8サポート
    • Date/Time APi
    • Optional
    • アノテーションの繰り返し
      • 従来はコレクションを使っていたが、同じアノテーションを併記できる(Java SE 8による
    • コレクション要素への制約適用
      • 型パラメータに対してアノテーションをつける
  • 組み込みアノテーションの追加
    • @NotEmpty
    • @NotBlank

Security API for Java EE

  • セキュリティ周りの標準化
  • Authentication Mechanism
    • アプリケーションがアクセス可能な認証機構
    • 従来: 各APサーバや3rd partyの実装を用いる
  • Identity Store
    • アプリケーションがアクセス可能なアイデンティティストアの標準化
  • Security Context
    • プラットフォーム・スコープのセキュリティ・コンテキストの標準化

wrap-up

  • 今まで欠けていた部分を補い、Java EE 9に向けてポータビリティの強化が図られている
    • Cloud Platformを見据えた対応

MicroProfile 背景と意義、そしてこれから

  • @kkzr https://www.slideshare.net/kenjikazumura/
  • MicroProfile.io
    • 複数ベンダーによるEnterprise Javaのアーキテクチャ
    • ゴールはStandardization

Java EEではだめなのか

マイクロサービスアーキテクチャ(MSA)

  • 疎結合なサービスの集合体
  • 意思決定とビジネスの速さを実現するための”手段”
    • フィードバックループ(いわゆるOODAループ)による進化

MSAレイヤーと構成技術

  • アプリケーション
    • サービス分割、ステートレス、API
  • アプリケーションサーバー
    • REST, 非同期, memory footprint
    • MicroProfileはこの辺
  • VM/コンテナ
    • docker, IaaS, サーバレス

Java EEのProfile

  • Full Profile / Web Profile
  • Java EEにProfileを追加できるのはOracleだけなので、ここにMicro Profileを追加するのはOracleの判断が必要

Java EEの状況

  • J2EE 1.2 ~ Java EE 7まで、リリースの間隔はだんだん延びている
  • Public Review から Final Releaseまで、結構時間がかかるが、Java EE 8はまだPublic Reviewに到達していない
  • 2016/03の段階で、主な仕様はEarly Draft Reviewか、そこに到達していない状態
  • GlassFishのissuesは、V4以降はcreated/resolvedは少なくなっている
    • マイクロサービス、クラウドの進歩は早いが、このGlassFishの開発状況でついて行けるのか?
    • “Java EEが悪い”のではなく、”JCPのプロセスが悪い”かもしれない(アジャイル的ではない

仕様が先か、実装が先か

  • 仕様を先に決めるアプローチ(JCPのアプローチ)
    • Pros: 公正な議論、複数実装による適切な競争(よーいドンで実装着手できる
    • Cons: 仕様策定に時間がかかる
  • 実装を先に作るアプローチ(Linux Kernel等のアプローチ
    • Pros: イノベーション向き(変化が早い
    • Cons: 誰がどこで仕様を決めるか不明

JCP vs OpenJDK

  • JDKの側面
    • Java SEのRI
      • JCP, JSRによる開発
    • JDKのOSS
      • openjdk.java.net, JEPによる開発
    • JCPから見ると、JSRで決まっていないJEPの仕様が(なし崩し的に)JSRになってしまう > 議論されない
  • MicroProfile
    • MicroProfileの仕様が(最終的に)Java EEの仕様になる(といいなぁ
    • OpenJDKに基づいて別のJava SE実装を作るのは難しく、競争が起きにくい
    • MicroProfileははじめから競争を起こす前提(マルチベンダによる開発)

MicroProfile #とは

  • 2016.06に設立
    • RedHat, IBM, Payara, LJC, SOUJava等
  • 2016.09 JavaOne でVersion1.0リリース
  • 2017.01 富士通が参加
  • 2017 2Q Ver1.1(plan)
  • 2017 3Q Ver1.2(plan)

  • APSベンダーがMicroProfileを提供 > 市場が評価 > [OK]JCPへ提案, [NG]フィードバックを反映

  • アジャイル的にOODAループを実践して、最終的にJCPへ提案する

MicroProfile 1.1

  • 1.0は、JAX-RS、CDI、JSON-P
  • 1.1は、2017/2Qリリース予定
    • Configuration API
    • Health Check API
    • JWT Token Definition
    • Fault Tolerance
      • stretch goal: できなければ次のリリースで

Configuration API

  • 設定の外だし
    • 別環境への移動など、設定変更でリビルドを不要にする
  • 設定の動的反映
    • Netflix/archaiusの考え方
    • 環境変更のたびにリデプロイを不要に
      • 接続先URLの変更など(DBが死んだから切り替える、とか)
  • 優先度付けされた複数の設定(ConfigSource)で構成
    1. システムプロパティ
    2. 環境変数
    3. 設定ファイル(META-INF/microprofile-config.properties)
  • Apache DeltaSpike由来のAPI
    • メソッドベース
    • アノテーションベース
      • @Inject @ConfigProperty ConfigValue<Integer>

Interoperable JWT RBAC

  • OpenID ConnectベースのRole Based Access Control
  • 認証/認可
  • まだ具体的な仕様は少ない
    • JSONのフォーマットはあるがAPIがまだ進んでいない
    • Priority高いはずだが・・・

Service Healthchecks

  • アプリケーションのヘルスチェックをするRESTエンドポイント仕様
  • Kubernetes health check互換
  • チェック対象のアプリケーション(Producer)で、Health Check Procedureを定義(複数可)
    • すべてのProcedureがUpならUpを返す
  • GET /health > 200 Up or 503 Down
    • Procedureの結果をJSONでまとめて返す
  • (たとえば)JAX-RSのリソースで、@Healthをつけて、HealthStatusを返す

Fault Tolerance

  • アプリケーションの実行論理と、実行時のエラーハンドリングの分離
  • RetryPolicy, Fallback, CircuitBreaker, BulkHead, Timeout
    • RetryPolicy: 条件(.retryOn)、間隔(.withDelay)、回数(.withMaxRetries)を指定
    • Fallback: RetryPolicyを指定して、リトライに失敗した際の処理(.withFallback)を指定する
    • CircuitBreaker: NetflixのHystrixインスパイア
      • closed: 正常稼働
        • 何度か失敗すると(10回中3回など)、open状態に遷移
      • open: リクエスト送信遮断
        • 一定時間後に(1分など)、half-open状態に遷移
      • half-open: リクエスト送信を再開
        • 指定回数成功したら(5回など)、closed状態に遷移
        • 指定回数失敗したら(5回など)、open状態に遷移
      • メソッドAPI、アノテーションAPI

BulkHead

  • 処理毎に個別のスレッドプールを使用することで、異常時の影響を極小化したい

Timeout

  • リクエスト先がハングした時など、タイムアウトを指定しておく

サマリー

  • MicroProfileは、フィードバックループによるマイクロサービスのオープンなイノベーションを実践
  • 実装(ベンダー)を選択可能
    • アプリケーションのポータビリティを担保
  • 最終的にはJCPで標準化を目指す
    • 既存のJavaコミュニティを分裂させるものではない
    • Javaの特徴の1つである”互換性”は損なわない

質疑

  • 実装は早くても、Java EE 8とMicroProfileが両方存在する状態(HTTP/2とSPDYのような)になり、きれいなループが実現できないのでは?
    • 確かに、MicroProfileの方向とJava EEの方向が違ってくる可能性はある。しかしMicroProfileのメンバーはJCPにも参画しているので、方向性を合わせるような動きがあるのではないか。
      ※危惧としては、確かにあるので、努力していく

無理だと思ってたら結局毎日書けたのでAdvent Calendar振り返り

※この記事は丸太式 Advent Calendarの25日目です

まさか最後まで書けるとは思っていなかった

25日目です。

仕事で帰りが23時になる日も多かったですが、自分でもよく書けたと思っています。
何日か日付またいだけど

Advent Calendarの記事はAdventarにまとめてあります。
http://www.adventar.org/calendars/402

おおむね技術系の記事になっています。そういう仕事だし仕方ないね。
どうせ記事を書くなら業務からネタを持ってきたかったのですが、自社フレームワークだったりバージョンが若干古かったりしたので、あまり書くことがありませんでした。

毎日アウトプットするのは大変でしたが、来年は隔週くらいで何かしら出力していきたいです。

さて、明日は仕事納めです。
仕事納まるかなぁ・・・

皆さん、良いお年を!

GitHub Flowについて調べています

※この記事は丸太式 Advent Calendarの24日目です

GitHub Flowを弊社の開発で取り入れられないか検討するために、少し調べています。
#何も決定権は持っていないけど
とりあえず読んだ/読んでいる/読もうと思っているページを幾つかピックアップしています。
GitHub Flow(というかGit)を使った開発経験が無いエンジニアをうまく説得できる材料がそろえば良いと思っています。

https://gist.github.com/Gab-km/3705015
http://qiita.com/tbpgr/items/4ff76ef35c4ff0ec8314
https://pepabo.github.io/docs/github/workflow.html
http://komaken.me/blog/2013/09/09/git-flow%E3%81%A8github-flow%E3%81%96%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

GitHub Flowじゃないけど
http://www.slideshare.net/KatokichiSoft/git-flow-16616440

弊社の製品品質について若干問題が生じているので、社内でもっと活発に議論できればと思っています。

# 関係ないですがlink-cardの日本語文字化けがひどいですね。近いうちに何とかします。

Vimユーザー(見習い)のためのSoftware Design 2015年1月号

※この記事は丸太式 Advent Calendarの23日目です

こんばんは。Vim初心者です。
普段からできるだけVimを使おうと思っているのですが、会社のPCがWindowsなのでどうし
ても他のエディタを多用してしまいます。
ただ、そちらのエディタはMarkdownの構文強調に対応していないので、仕事の合間にメモ
を取る場合等、プレーンテキストのモードでMarkdownを書いたりしています。
また、この記事もMemolistプラグインで作成したMarkdownをほぼそのまま貼り付けていま
す。

Software Design誌の2015年1月号に、【「Vim使い」事始め】という特集が組まれています。
別に中の人でも何でもありませんが、Vimを使う上で必要なことが凝縮されているように感じました。

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2015年 01月号 [雑誌]

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2015年 01月号 [雑誌]

本編はもちろん、@jnchitoさんと@kaoriyaさんのコラムは興味深い物があります。
これからVimを使おうとしている方はもちろん、Vimを使い始めてまだ間もない(私のような)方も是非読んでみてください。

私の.vimrcはGitHubで管理していますが、「ここはこうした方がいいんじゃない?」「こ
のプラグインはおすすめ」というご意見があれば、是非ご教授ください。
https://github.com/bis5/dotfiles

[WordPress]リンク先の情報をカード上で表示するlink-cardプラグインの今後

※この記事は丸太式 Advent Calendarの22日目です

昨日の記事で紹介したWordPressのプラグイン「link-card」ですが、現状あまり使いやすい状態では無いと思っているので継続的に開発していきたいと考えています。

現状の問題点

昨日の記事にも書きましたが、今のlink-cardプラグインには幾つか問題があります。
* キャッシュ機構がないので、アクセスのたびリンク先から情報を取得している
* aタグの直前に挿入するので、文の途中にaタグを使うと意図しないレイアウトになるかも
* etc…

今GitHubのIssueに登録してあるバグや機能拡張は今年度中にやると思います。
また、使いやすい形に出来るように自分でも使いながら考えてみようと思っています。

今後について

あまり英語は得意ではないので、しばらくはWordPress公式のプラグインディレクトリには掲載しないと思います。
将来的にプラグインディレクトリに公開することは十分考えられると思いますし、やる気はあります。

これからlink-cardをよろしくお願いします。

リンク先の情報を表示するlink-cardプラグイン[自作WordPressプラグイン]

※この記事は丸太式 Advent Calendarの21日目です

今日はWordPressプラグインを作りましたのでご紹介します。

link-cardプラグイン

基本情報

  • 名前
    link-card
  • 概要
    aタグにcreateCardクラス属性を付加しておくと、aタグの直前にカード状の情報ボックスを表示します。
  • 動作確認バージョン
    WordPress 4.1で動作確認しています。

使い方

プラグインをインストール

今のところ、GitHubでのみ配布しています。
https://github.com/bis5/link-card
「Download Zip」からZipをダウンロードして、wp-content/plugins/link-cardとして配置してください。
※GitHubからダウンロードしたZipファイルを展開すると「link-card-master」というディレクトリになりますが、「-master」は除いてください。

記事を作るとき

リンクを作成するとき、以下のようにclass属性を追加します。

<a class="createCard" href="http://www.yahoo.co.jp">やふー!</a>

すると、記事を表示した際に、リンクのすぐ上にリンク先の情報が表示されます。
こんな感じです。
この時表示されるのは、titleタグの内容とmetaタグのdescriptionの内容です。

既知のバグ

  • リンク先のdescriptionに日本語が含まれると文字化けする
    文字化けする例
  • descriptionを設定していないサイトではタイトルしか表示されない
    代わりにog:descriptionとか使うと多分いい感じ
  • (バグと言うより仕様ですが)WordPressのサーバからリンク先に都度アクセスするので、最悪アクセス遮断されかねない
    キャッシュするべきですね。。。

久しぶりにちゃんと成果が出た週末で、自分としては満足です。
もちろんこれから先も改修を続けるつもりなので、フィードバックやプルリクお待ちしています。

ubuntu server 14.04にwp-cliを使ってコマンドだけでWordPressをインストールする

※この記事は丸太式 Advent Calendarの20日目です

手順

1. Apache, PHP, MySQLをインストール

必要な物をapt-getでインストールします。

sudo apt-get install apache2 php5 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysqlnd

php5libapache2-mod-php5の依存関係でインストールされる気がするけど気にしない。

2. wp-cliをインストール

コマンドラインでWordPressを操作するためにはwp-cliが必須です。

curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

動作確認はphar wp-cli.phar --infoで。
毎回phar /path/to/wp-cli/wp-cli.pharと入力するのは面倒なので、実行権限を与えた上でパスが通っているディレクトリにwpという名前でコピーしておくと便利です。

3. データベースを用意

mysqlのデータベースを作っておきましょう。

mysql -u DBUSER -p
mysql> CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;

必要に応じてWordPress用のMySQLユーザを作って権限を与えておきます。

4. wp-cliでWordPressをインストール

残りは一気に行きましょう。

mkdir -p /path/to/wordpress
cd /path/to/wordpress
wp core download --locale=ja
wp core config --dbname=wordpress --dbuser=USER --dbpass=PASSWD
wp core install --url=http://example.com/wordpress --title=TITLE --admin_user=ADMIN --admin_password=PASSWD --admin_email=admin@example.com

WordPress 4.1 “Dinah”がやってきた

※この記事は丸太式 Advent Calendarの19日目です

WordPress 4.1 “Dinah”がリリースされました。
このバージョンからデフォルトテーマが”Twenty Fifteen”に変更されています。

なんていうか・・・

めっちゃシンプルですね。

WordPressユーザーにとってもう一つ大きな違いは、集中執筆モードの変更です。
これまでは集中執筆モードに切り替えるとエディタ以外のすべてが消え去ってしまい、ぶっちゃけかなり使いづらい物でした。
また、エディタのボタンも画面上部に離れてしまうので、書式設定には向いていません。

4.1の集中執筆モードは、エディタは残しつつ、エディタ以外のメニューなどは非表示となります。

非表示となった部分を使いたい場合は、カーソルを持って行くことで再び表示されます。
また、再度入力を再開すると、エディタ以外はまた非表示になります。

今までと違って状態を切り替えるのにマウスクリックが不要になったので、結構快適です。

Javaで(サーブレットコンテナ|EJBコンテナ|メッセージブローカー)を組み込む話

※この記事は丸太式 Advent Calendarの18日目です

Javaに組み込めるミドルウェアを調べてみました。
それぞれ解説リンクを掲載していますので、参考にご覧ください。

サーブレットコンテナ

EJBコンテナ

メッセージブローカー

Javaだといろんなミドルウェアがあるのが”当たり前”みたいな感じがして、本格的な入門にもハードルが高いのが現状だと思います。
特にJavaEEになると、日本語の書籍がほぼ無いのもあって業務で使わない限りなかなか勉強する機会が無いですね・・・

「ぼくがかんがえたさいきょうのアプリケーションフレームワーク2014.12」※実装は無いよ!

※この記事は丸太式 Advent Calendarの17日目です

前提

バックエンドはJavaで構築することが前提です。今Javaプログラマなので。

構成と妄想

クライアント <- JSON -> Web <- JMS -> AP <- JPA -> DB
  • それぞれのサーバはスケールアウト出来る物とします。
    そのためにはセッションはDBに格納する必要がありますね。
    今の段階ではXOOPS CubeのDBセッションみたいな管理方法をイメージしています。
  • あえて特定のプロダクトに依存しない書き方をしています。
    それぞれの実装は好きな物を組み合わせることが出来ます(EclipseLink or Hibernate, ActiveMQ or RabbitMQ, Tomcat or Jetty, …)。
    まあ、プロダクト間の差異を吸収するのはフレームワークの仕事ですしね。
  • 基本的にはAPIを通じてアプリケーションを利用することになります。
    そのため、クライアントがWebブラウザだろうがSwingアプリだろうがSWTアプリだろうが全く気にしません。
    ただし、Webサーバにプログラムと一緒にビューをデプロイするのはあまり好みではないです。
  • The Twelve-Factor Appの影響を大いに受けています。
    従ってWeb/APそれぞれのサーバに特別なミドルウェアはインストールしない想定です。
    Webは組み込みTomcatかJettyを使えば良いですし、ActiveMQならアプリケーションに埋め込めるのでメッセージブローカーをインストールする必要はありません。RabbitMQはどうなのかな?

まとめ

「なんていうか・・・すごく言葉にしづらいんだけど・・・・・・あんまりまとまっていませんね!
タイトルに「2014.12」って付けてしまったので、またそのうちやるかも。